Q&A


Q1 運用方針決定エリアの基本的な見方や簡単な流れについて教えて下さい。
A1 インフォメーションエリアは、基本設定でありつつ、重要な意思決定をするば所です。
  詳細は下記のの通りです。

 予算→自動運転を設定する場合に使用する予算(ロスカット金額)
 目標利益→勝ち逃げで最低は獲得したい利益金額(この金額を獲得した時点で自動終了)
 勝ち逃げ・コロガシ→勝ち逃げは、目標利益を獲得した時点で自動終了する方式。
     コロガシは、勝ち逃げで獲得した利益の中から一定割合を運用して、
     利益を増大を図る方式。
 利益確定→コロガシで利益を確定する金額。画面で説明すれば、コロガシ方式を選択し
      た場合、勝ち逃げで利益5000円獲得し、この5000円を使って10,000円
      に到達した時点で自動終了するという設定。
 運用分配・運用上限→コロガシ選択した場合、勝ち逃げで獲得した利益をコロガシで更に利益増大を図るときに、1レースあたり幾らの資金を使うか? という設定。画面で説明すれば、コロガシで次に投じる金額は、勝ち逃げ利益の20%で上限は1000円となる。

『勝ち逃げ』運用方針決定エリア設定の流れ
 「予算」→「目標利益」→「勝ち逃げ」→「有効オッズ(単・複)」→「予想プロファイル選択(選択しない場合もある)」

『コロガシ』運用方針決定エリア設定の流れ
 「予算」→「目標利益」→「コロガシ」→「利益確定」→「運用配分/運用上限」→「有効オッズ(単・複)」→「予想プロファイル選択」




Q2 有効オッズについて詳細の説明をお願いします。
A2 401Expertは、単勝・複勝馬券を、予想プロファイリング等の戦略を運用し利益確定を目指して自動運転をするソフトですが、予想プロファィリングで、ピックアップしたレースの◎でも、例えば単勝で30倍や50倍というときもあります。
これが、1着になるかといえば、確率的にも非常に低いため、それらを除外するために、ここで「有効オッズ」を決める必要があります。

逆に、人気になりすぎた馬券も自動購入から除外するという意味合いもあります。
あまりにも人気が集中して例えば1.1倍などというオッズであった場合、かなりの資金を必要とします。これも、自動的にスキップしてその次のレースに進むことになります。
つまり、予想プロファィリング等で自動選択された買目を、さらにここで絞り込むということになります。

画面では、単勝が2.0〜10倍の範囲までを選択。複勝で、1.8〜10倍までを選択しています。
この範囲以外のものは、自動購入の対象外となり、そのレースはスキップします。
また、単勝、複勝どちらも選択領域に入った場合は、自動的に複勝を購入します。
(複勝の「レ」マークを外している場合は、単勝のみを選択します)



Q3 自動運転中の表示についての見方について教えて下さい。

利益が確定するまでの、自動運転中は「稼動中」の表示となります。


利益が確定した場合、「利益確定」の表示となり、401Expertの自動運転が自動終了します。

通信障害や、アクシデント等で自動運転がストップした場合「異常発生」が表示されます。
「異常発生」となった場合は、401Expertを再起動して再度設定をします。